るなぱあく 重要文化財「臨江閣」

先日、家族で【るなぱあく】という群馬県民が愛する昭和レトロな遊園地に行ってきました。

大きな乗り物1回50円、小さな乗り物1回10円という、開園以来料金が変わらない遊園地です。

中でも上のもくば館が妙な動きをする、なんともシュールな乗り物でした。(1回10円)

ジェットコースターもありますが、乗り物は全体的にゆっくりと動く、

優しい遊園地でした。違った意味で楽しかったです。

大人2人、子供1人で乗り物代は合計520円でした。入園料駐車場無料です。安!

 

遊園地の合間に、トンネルで繋がった隣の重要文化財に行ってみました。

木造建築でここまで大きなものを久しぶりに見ました。大変素晴らしく見入っていると、5歳の息子も興味津々?で脅威の質問攻めに・・・

左は180帖の大広間、右は「先日将棋の竜王戦が行われて、羽生さんがいらしたんですよ!」と掃除の方が興奮気味に教えて下さいました。「へえ~そうなんですか」ってなりました。

特に将棋には興味がないので、同じ温度になれず申し訳なかったです。

最後に紅葉と水の流れが素敵なカット

*初代 群馬県令 楫取素彦(かとりもとひこ)という方のゆかりの場所だったようです。楫取素彦(かとりもとひこ)は長州の隠れたエース的な存在だったらしいです。