25歳ご夫婦がマイホームを手にするまでの記録・・・その6

10月17日火曜日、小雨が降る中

S様邸の上棟が行われました。

9時頃現場に到着した頃には雨は止む気配が無く

このまま一日中雨かもしれない。

今まで100棟以上、上棟に参加してきましたが

指折り数える位しか雨に降られたことが無く、

その確率は、

大衆浴場のようだ!

(スーパー銭湯・・・数パーセント・・・数%)

と言われていました。

秋の冷たい雨に降られた迷子の子犬のように

プルプルふるえながら、

私は、自分自身に問いかけました。

「ねえ、吉田君、その確率は午前中で雨が止んだ場合は

ノーカウントでいいよね?」

「もちろん!!」

もう一人の自分が即答しました。

一生懸命建て方工事をしている

大工さんの切れの良い動きをよそ眼に

「明日は、午前9時以降は雨がやんで午後からは

晴れ間も出るでしょう」と希望を持たせた予報士に、

「上等じゃないか!本当に晴れるんだろうね!・・・上棟だけに!」

と独りで思い、独りでほくそ笑んだのでした。

6.上棟おめでとうございます!

 

朝8時からスタートして9時には1階の形が出来ています。

そして着々と工事は進み、

お昼頃には屋根の骨組みまで進みました。

 

が、遂に、午前中で雨は止みませんでした。

雨が止んだのは15時頃でした。

そのころには、家の形が出来上がりました。

奥様が午前中でお仕事から帰られた頃には、すっかり

雨が止んでいました。

ご主人は、朝からお茶出しやお弁当の手配やらで、

雨の中をずぶぬれになりながら、靴をレジ袋で包んで

濡れないようにされていましたよ。

午前中と靴を履き替えてきたご主人とローファーのままの奥様。

奥様の後姿を見守るご主人。

そしてその背中を見ている私・・・

頭の中でF山M治の曲が流れましたよ・・・

♪いつかお父さんみたいに大きな背中で

♪いつかお母さんみたいに静かな・・・

・・・この家で、いい家族になってくださいね。

 

 

15時の休憩時には雨がすっかり止んで、奥様と一緒に

大工さんたちにご祝儀と引き出物を手渡しされ一人づつ

ご挨拶されましたよ。

「これは、どうもご丁寧に・・・」

大工さんも疲れが吹っ飛んでラストスパートを

かけたのでした。

 

15時には雨がすっかり止んだので、私はもう一度

自分自身に新たな提案をしました。

「吉田君、一日中降った場合は当然雨として

カウントするけれど、最後に雨が降ってなければ

ノーカウントでいいよね?」

「君は小さいね、雨が降ろうが、晴れようが、

そんなことはどうでもいいじゃないか!

雨の日も晴れの日も雪の日も風の日も

日々是好日だよ、吉田君!」

ご先祖のDNAが私の口に言わせたのでしょうか?

しかし、

何度見ても上棟は上等です!

S様に記念撮影していただきました。

小さいですね。